ecoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノの中でも
人気の電子決済サービスですが、気になるのが
入出金の際の手数料ではないでしょうか。

最近は例えばクレジットカードの入金からの
銀行振込での出金が可能なオンカジも増えてきましたが、
「手数料が無料」
というカジノもちらほら出てきました。

勝利金が高額になるど、手数料が仮に2%でも
馬鹿になりませんからね。

さっそくチェックしておきましょう。

ecopayz(エコペイズ)入金の手数料

ecopayzは登録は無料ですが、いざお金を
入金しようと思った場合、手数料は
どの方法だといくらかかるのか?

知っておきましょう。

ecoPayz(エコペイズ)には、
5段階の会員レベルが設定されています。
アカウントの種類は、Classic・Silver・Gold・Platinum・VIPの5種類です。

会員レベルが上がるごとに、「利用限度額」
のアップなどのメリットが用意されています。

今回は、ユーロ通貨(EUR)での手数料を元に見てみましょう。

銀行振込の手数料→0~7.0%
クレジットカード入金→1.69~6.00% + 0.25 EUR
ecoVoucher入金→0~2.9%
代替通貨の入金→無料
codePayz 入金→無料

ちなみに、エコペイズの場合、登録は無料ですが、
12か月間の休眠後のアカウント維持管理料
が発生するので注意が必要です。

1.50 EUR/月なのでまあ、日本円にすれば200円弱
の手数料ですけど、使わないなら解約するのも手でしょう。

ecopayz(エコペイズ)出金の手数料

ecoPayzでオンラインカジノにお金を入金した場合、
勝利金を引き出すのもエコペイズ経由じゃないといけません。

↑マネーロンダリングなど不正を防ぐため。

で、ecopayzで出金する場合には以下の2種類になります。

・高速ローカル出金(おすすめ!)
・国際銀行(海外送金)

国際銀行出金の場合は時間がかかる&受け取り銀行から
何の入金なのか?を聞かれたり、
銀行によっては(不正の疑いがあるとして)着金拒否
なんていうこともあり得ます。

そう考えると高速ローカル出金一択ですね。

エコペイズで出金する場合、手数料は出金額の1%
(最低15EUR)です。

※2020年1月19日時点では
1ユーロ122.17円なので、
15ユーロだと約1833円になります。

1万円を出金しようとすると、
約2,000円が手数料としてとられる
という計算になりますから、少額の入出金には
エコペイズは向かないということが言えますね。

ただ、オンラインカジノでエコペイズを利用している人の多くは
ドルかユーロを選択しているはずなので、
日本の「円」に換金する必要がありますよね。

その通貨換金手数料はグレードによって変わってきます。

シルバー会員→2.99%
ゴールド会員→1.49%

まとめ

エコペイズはオンラインカジノのプレイヤーに
人気のサービスですが、手数料がどんどん
安くなってきていますから、無理に登録しなくても
よくない?

と思ったり。

私は登録していますけどね。
実際に入出金もしてみようとは思うものの、
腰が重いw

また、銀行振込による出金に対応している
オンラインカジノも割合でいえばまだまだ
少ないのが現状ですから、とりあえず登録しておく
というのはアリですね。

遊びたいオンラインカジノが銀行振り込み未対応の場合でも、
エコペイズに対応していることは多いですから。

もしくは、ヴィーナスポイントやアイウォレット
という選択肢もあります。